電話番号の利用方法

固定電話と電話加入権

昔は携帯電話も今ほどは普及しておらず、連絡を取るには必ず固定電話にかけていました。固定電話を引く際に必要だったのが電話加入権。1回線72,000円(現在は36,800円(税抜))と高く、一人暮らしを始める時などには大きな負担となっていました。そもそも電話加入権とはどういうものなのでしょうか。 電話加入権とは、NTTの加入電話回線を使用する権利のことで、施設設置負担金としてお金を払います。権利を所有している場合、工事費を支払うことによって電話回線の新設、移設、利用の休止をすることができます。 しかし近年、ブロードバンド回線を利用して通話ができるIP電話を契約し、電話加入権を持たずに固定電話を持つ人や、携帯電話のみ所持して固定電話を持たない人が増えています。IP電話はNTT加入電話よりも通話料、月額料共に安く、初期費用は工事費しかかかりません。今までの電話番号もそのまま使うことができるため、今後も電話加入権を持つ人はどんどん減っていくと考えられます。

加入権の休止と買取り

今あるNTT加入電話をIP電話などに切り替える場合、今現在持っている電話加入権はどうしたらよいのでしょうか。 電話加入権は、NTTに申請することによって利用を休止することができます。再度NTT加入電話回線を使用する予定がある場合、休止の手続きをするとよいでしょう。休止期間は最大10年間で、再開時には電話番号は変わります。休止中は5年ごとに手続が必要で、申請がなかった場合は自動で5年延長され、10年後には権利が消滅してしまいます。 この先も使用しないと分かっている場合、専門の業者に買取りをしてもらうこともできます。買取り価格は1回線1,500円前後です。買取りの必要がない場合はNTTで解約の手続きを行いましょう。 今後使用する予定があるのかどうか、よく考えて休止か解約(買取り)どちらかを選ぶとよいと思います。


レンタルの料金

あらゆる方々に携帯電話を使ってもらいそして快適に形態電話ライフを送る為に登場したのがレンタルシステムです。料金はプランによって異なりますが、時と場合によっては購入した方が早い事もあります。

様々なプラン

電話加入権は権利を持っている人が工事費を支払うことにより、電話の仮説場所の移転や利用の休止をすることができます。現在様々なプランがあり、電話加入権がなくても電話機を持つことが出来るものもあります。

ブラックリストでも

レンタル携帯を利用するメリットは色々ありますが、その一つとなっているのがブラックリストに掲載されていても利用することが出来る事です。通常であれば携帯は利用できないですが、レンタル携帯なら可能です。